【救急救命学科】市民消防教室で体験!

救急救命学科 昼間部1年生と夜間部2年生が、大阪市消防学校で消火や避難について学んできました!ゆるキャラ*白黒キャラ*キモキャラ*シュール の絵文字

いきなり天ぷら油が発火!!

DSC04342

あわてて消火のために

水を入れると大変なことに!!!

DSC04341

動画で見るよりもあまりの炎の大きさに一同「うわぁ!!」と。

まずは火の恐ろしさ家庭での消火の仕方を学びました。

DSC04330  DSC04331

鍋が覆えるくらいの「濡れタオル」や「ふきん」を準備して、手前からしっかり覆います。

濡れタオルは天ぷら油の温度が下がるまで取ってはいけません!また燃え上ってしまいます!!

「お鍋の蓋」でも大丈夫!!

DSC04335 DSC04334

続いて消火器の使用方法を学び、実際の消火訓練。燃え上る炎を2名1組で協力して消します!

DSC04343 DSC04353

使用方法は簡単!3ステップで!       「火事や!来てくれ!」と2人で!

DSC04364 DSC04351

次は屋内消火栓訓練。大阪医専にもあります。

「いざという時はこれで消火します!!」

DSC_0590

「放水開始!!」

DSC04374

これも2人1組で前に並んだ三角コーン目がけて放水!! 

10秒間ですべて倒せてたのは1組だけでしたパンダ の画像

DSC04380

「水の勢いに圧倒」

DSC04386

今度は屋内で暗中体験煙中体験をとおして「避難」の仕方を学びました。

DSC04390

日頃、目にしている「避難口誘導灯」にもいろいろな種類があることや、示している絵マスキングテープ の絵文字の意味などを教わり、3人一組で暗闇の中(目を閉じているのと変わらない)を壁だけを頼りに出口を目指したり、煙の性質(濃度、速度など)を学んで、「体を低くしなければいけない」意味を実際に見て教わりました。

「本当に煙の中は何も見えないよ!!

DSC04389

将来、救急救命士の資格をとって、消防官になるために頑張っている

僕たちには刺激的な体験と、また自主防災の重要性も学ぶことができまし

た。た救助大会のための訓練をしている所を見学させていただき

さらにモチベーションが上がりました

ご指導いただいた大阪市消防の皆さんありがとうございました!!