【救急救命学科】スポーツの秋到来!安全安心のマラソンをサポート!

大阪30K+10K

(呼称:オオサカサーティケイプラステンケー)

日程:2016年10月1日(土)

場所:淀川河川公園 西中島地区野球場

主催:アールビーズスポーツ財団

 

特徴として、マラソンの1カ月前、30km走は必須のトレーニング。

大阪マラソン、神戸マラソンをはじめとする秋のマラソンシーズンで「自己ベスト更新」「初完走」を狙う人にとって本番へ向けた「脚づくり」とシミュレーションの目的です。

1

と言うことで、今回はマラソン救護に参加しました

このところ悪天候の日々が続く中、当日は曇りから晴天へ!恵まれた天候でした「晴れ」の絵文字

 

実は今回、本校のアスレティックトレーナー学科とコラボ参加!

アスレティックトレーナー学科によるスタート前のストレッチマッサージ!そして完走後のマッサージケア!ランナー走行中は救急救命学科の救護監視および予防ケア!こんな素晴らしい環境の中、ランナーに気持ちよく走って貰いました。

(アスレティックトレーナー学科報告ブログはこちら)

 

自転車に乗車しAEDを携帯した「移動救護体制」

さーぁ!救護業務に出発しま~す★

2

早々に、お尻が痛い~「あせあせ(飛び散る汗)」の絵文字(笑)

3

ランナー待機広場でも救護監視!?

いや!もしかしたら、お尻休め?(笑)

とにかく長時間の自転車救護監視は、お尻に負担が凄いんです!イッタタ~ァ

 

昼前から日差しが・・・

ランナーの熱中症に注意しながら水分補給のケアを行い、無事に約2,500   名のランナーが完走!安全なマラソンイベントが無事に終えることが出来ました。

 

参加ランナーのみなさん!これからが本番ですね

各マラソン大会で自己ベストが出せるように頑張って下さい!

また、我々も次の大阪マラソンで救護業務に参加しますので、宜しくお願いします!

4