【理学療法学科】- 卒業生紹介の巻 2! -

こんにちは!理学療法学科です

今日も元気に卒業生紹介をさせて頂きます☆

%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%81%8b

 田中 雄太さん 

田中さんは大阪医専 理学療法学科で学ばれ、「日本体育協会公認アスレティックトレーナー」「理学療法士」のダブルライセンスを取得されました。

昼間は関西サッカーリーグ1部の奈良クラブでコンディショニングコーチとして、怪我をした選手のリハビリテーションや試合に向けてのコンディショニングを担当されておられます。

また、夜間はスポーツ整形外科で勤務されておられます。

16_%e7%94%b0%e4%b8%ad%e2%91%a2_2003

フィールドでの治療風景。

選手の違和感や訴えに対し、迅速に対応します!

%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%81%8b%ef%bc%92

スポーツ整形外科では手術後の患者さんの治療も行います

%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%81%8b%ef%bc%93

選手の動きのチェックも大切です。

大阪医専で「ヒトの動きをみる」ことについて学んだという田中さん。

サッカー現場でも「フォームと怪我との関係」「キックと股関節の痛み」など、理学療法士的な視点で分析し、改善案を選手にアドバイスされるそうです!

 

16_%e7%94%b0%e4%b8%ad%e2%91%a0_2003

ヒトをやる気にさせるためには、自分の価値観を押し付けたり先入観を持ったりせず、相手の望ことを理解しようと努める。そのうえで、相手と共有するものを見出すことが大切だと語る。

16_%e7%94%b0%e4%b8%ad%e2%91%a1_2003

「大阪医専で学び、理学療法士になれたことで大好きなサッカーの世界で生きていく道が開けました。奈良クラブは現在Jリーグ昇格を目指し、日々練習に励んでいます。これからも理学療法士としてスキルアップしながら、サッカーの世界で闘っていきたいと思います。」

明確な目標を持って日々邁進されている田中さん。

アスレティックトレーナーとして、理学療法士として、さらなる高みを目指してください応援しています!!