【作業療法】「未来の医療」を考えてみよう!

大阪医専が誇る“チーム医療”教育の一環で、アクティブラーニングを実施されました!

※アクティブラーニングとは「能動的な学修」、受け身ではなく主体的に授業を受けられるようにしよう!という学修方法です。一方的に聞くだけではなく、自身の考えから自発的に学修していくことがポイントとなります。

 

アクティブラーニングでは、1年生の看護学部・理学療法学科・作業療法学科・臨床工学学科をはじめ多くの学科と交流し、再生医療やロボット医療といった『未来の医療』について調べ発表しました

内容をまとめるために【最新の知見を調べ、】

IMG_20170309_202426

ポスターを作成するために【他者の話を聞き、自分の意見を伝え、】

IMG_1389無題1

発表するために【チームで何ができるか考える。】

IMG_20170309_200025IMG_20170309_200021

これらは、病院や施設といった臨床現場で日常的に行われている行為ですね。

IMG_1403IMG_20170309_204736

今回学んだことを土台に、これからも大阪医専でチーム医療の重要性を学んでくださいね!!