【アスレティックトレーナー学科】他職種スペシャリストによる特別講義

大阪医専では
【アドバンスドセミナー】
という他職種スペシャリストの授業を受けることが出来ます。
.
今回はアスレティックトレーナー学科で実施した
【スポーツと眼の働き】の講義についてご紹介します。

FullSizeRender FullSizeRender(1)

スポーツと眼??関係あるの!?

 

「スポーツをしている時、多くの情報を視覚から得ています。」

(8割から9割とも言われています。)

 

そのため、より良質な視覚情報を得ることが、高いパフォーマンスを発揮する上で重要となることがわかりますね

 

資料によると、

視力1.2~1.5時のパフォーマンスを100%とした時に、視力が0.7に下がると競技によってはパフォーマンスが約75%程度に下がってしまうことがあるようです!

これらを眼のエキスパートである視能訓練士の先生に講義していただきました。

IMG_4613 FullSizeRender

他にも眼からの情報の有用性や動体視力についても、詳しく教えていただきました
普段の授業では決して学ぶことができない内容なだけに、学生たちも興味津々の様子でした。
これらは他分野のスペシャリストの先生による特別講義で、当校ではチーム医療教育の一つとして行っています。
多くの学科がある大阪医専の特徴ですね。
 .
今年度アスレティックトレーナー学科が実施したアドバンスドセミナーは以下の通り
〇理学療法士の先生による【物理療法について 】
〇臨床工学技士の先生による【フィジカルテスト結果の分析方法について 】
〇理学療法士の先生による【動きの見方や考え方について 】
〇理学療法士の先生による【スポーツ現場で使える膝関節の触り方について 】
 など
学生の
「学びたい」「面白い」「将来に活きる」
と感じる講義を随時企画しています!