【救急救命】病院の一次救命処置~二次救命処置の講習に2年生が参加しました!!

卒業生と一緒に新阿武山病院の一次救命処置~二次救命処置の講習指導のアシスタントとして救急救命学科2年生が参加しました!!

 

毎年お世話になっています。

 

看護師の皆さんには二次救命処置(気管挿管の介助・心電図モニター装着や致死的不整脈、静脈路確保など)について、我が医専卒業生の真方先輩が指導されました。DSC_0012 (5)

そして、私たちは看護師以外のコメディカルスタッフの皆さんと

一次救命処置(心肺蘇生法やAED、気道異物の除去)について

一緒に訓練をしました。

DSC_0002

  今年は一列に並んで、まずはテニスボールで姿勢の練習から

                 はじめました。

              気道異物の除去の想定では、意識がなくなる15秒を目安に

             患者役の学生が倒れこみ、応急手当をしていたスタッフの方

              も一緒に転倒してしまうというハプニングもありましたが、患者

              さんを気遣う対応に感動しました。

    DSC_0010 (5)

                DSC_0009

最後は、協力してシミュレーションをしていた

      だきました

 

                      DSC_0003 (3)     DSCPDC_0003_BURST20170803154919183_COVER (2)

                      DSC_0008  DSCPDC_0002_BURST20170803155150303_COVER (2)

病室で反応のない患者さんを看護助手の方が発見し、すぐに応援と心肺蘇生法とAEDを実施し、集まった看護師の方たちで心電図モニターによる解析、バッグバルブマスクによる人工呼吸に、気管挿管の介助、静脈路確保と薬剤投与をスムーズに実施され、みごと!拍再開までたどり着くことができました。

DSC_0008 (1)

中には、何回も参加していただいてる方もいて、みなさんが熱心に取り組まれる姿勢に学生も嬉しくなり指導にも熱が入りました!!ありがとうございました!!