【臨床工学学科/技士特科】献血報告

こんにちは

臨床工学技士の業務は一般的に、

呼吸(人工呼吸器)

代謝(血液透析)

循環(人工心肺)

と言われますが、この3領域では頻繁に輸血が行われます。

(主に貧血対策ですね★)

ご存知のとおり、輸血に用いられるこのパック、

MAP

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真は日本赤十字社 医薬品情報 輸血用血液製剤資料より)

 

皆様の善意の献血より製造されています

大阪医専 臨床工学学科では、2年生の時に日本赤十字社血液センターを訪問し、輸血の重要性を理解する実習を行っています。

 

その善意の献血募集ですが、8月27日(日)に、大阪府臨床工学技士会が毎年2回夏と冬に行っている献血の啓発活動に、本校の学生も参加させて頂き、技士会の先生方とご一緒に、街頭で献血の呼びかけを行いました。

 

以下は野垣先生より報告です

 

大阪医専から私、野垣と臨床工学学科の昼間部1年生の女子2名がボランティア参加しました。

残暑厳しい中の呼びかけ活動は大変でしたが、熱心に献血を呼びかけ、多くの方にご協力いただけました。

このような活動で感じたことも多かったと思います。

 

献血 OI staff only

 

 

 

 

 

 

 

これからも、学生の間にいろいろなボランティア活動や社会体験を通して、人間的に成長していくことを期待します

 

野垣先生、学生諸君、本当にお疲れ様でした。

皆様もぜひ献血にご協力を!!