【理学療法】コマを作って回しましょう!

も〜いくつ寝ると〜お正月~

今日の授業はコマを作って回します★

運動学の授業風景の紹介です

 

まず、いろんな形のダンボール(物体)の重心(重さの中心)を求めます

ダンボールの2か所からヒモを垂らして、交わるところが重心位置になります。

紐のたるみを取り除くために、消しゴムを結び付けて工夫しています。

上手に重心を求められそうですね!!

 

次に重心位置に爪楊枝を刺し、軸になる爪楊枝をテープで固定します。

テープを二重三重にすることで、コマの安定を図っています★

 

仕上げと作戦会議の時間です

学生:「めっちゃ回るのできた!」

ホントによく回っています

本番は一発勝負!

コマを回す練習も忘れずに!!

実は上手に回すためには力学(物理学)の考えが必要になります。

ちょっと重心を求める方法が違いますが、考えて工夫することは素晴らしいことです!

教官「でも、それだけでは上手に重心みつけられないよ!」

真剣に作戦会議をしています。

今までの授業内容を思い出して、知識で勝負しようとしています!

 

 

最後にコマ回し大会です

どこのグループのコマがよく回るでしょうか!

一発勝負の予定でしたが、盛り上がったので敗者復活戦までしました

「今度こそ回すの失敗すんなよ!!」

熱くて厳しい応援の声も聞こえます。

 

 

今日はダンボールと紐を使って物体の重心を探してみました。

コマを作って回すことも、視点を変えれば理学療法につながります。

お正月にはまだ早いコマ作り&コマ回し大会でした^^

 

柔軟な思考で工夫できる理学療法士を目指します!

理学療法学科