【ISEN NEWS】-視能療法学科教官☆水泳で金メダルを授与!!-

こんにちは

すっかり寒くなりましたが、そんな中でもとてもホットな話題をお届けします

 

大阪医専 視能療法学科 教官 神山 則子先生

なんと!3つの大会で5つの金メダルを授与されました

神山先生は片足・片手に麻痺があり車椅子で執務されています。

水泳以外にも、競技スキーもされているスポーツウーマンです
なんと競技スキーでもメダルを取っておられます


・2017ジャパンパラ水泳競技大会 9/2~3 東京辰巳国際水泳場
100m平泳ぎ クラスSB6 金メダル

・えひめ国体・えひめ大会(第17回全国障害者スポーツ大会) 10/28~30 松山中央公園アクアパレットまつやま
25m背泳ぎ クラス19第2部 金メダル 大会新記録
25m自由形 クラス19第2部 金メダル 大会新記録

・第37回日本身体障がい者水泳選手権大会 11/18~19 千葉国際総合水泳場
50m背泳ぎ クラスS6 金メダル 日本新記録
50mバタフライ クラスS6 金メダル

 

写真はえひめ国体・えひめ大会のものです

とても大きな競技場に広くて綺麗なプール!

ここが試合の舞台

 

大会スローガンは

君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え

愛媛県で開催する第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」は、障がいのある人もない人も、誰もがおもてなしの心でお迎えし、心を一つにして大会の成功を目指し協働することで、障がいに対する理解を深めながら、誰もが誰かを助け合い、支え合っている“人と人の絆”を実感できることを願い開催する大会

とすることを目指している。
また、ベストを尽くす選手たちの「前向きな気持ち」と、チームメートやともに競い合う選手間に芽生える「思いやりの心」が集結した愛え顔がおを、選手や、見守るスタッフ、応援する観客にも広げながら、誰もが“愛顔(えがお)”になって楽しむことができる大会とすることを目指している。
この大会を通じて、誰もが新たな可能性にチャレンジしながら、その楽しさや喜び、大きな感動にめぐり合うとともに、愛顔(えがお)あふれる愛媛での経験を踏まえ“新しい自分”へと成長しながら、未来へ向かって、はばたくことができる大会とする。
(大会実施要項抜粋)
愛顔(えがお)いっぱいの大会となりました
結果も愛顔満点
なんと大会新記録でした

神山先生おめでとうございます