【作業療法×救急救命】救急救命士&作業療法士のcollaboration!

たとえば交通事故、たとえば何らかの病気のために倒れてしまう…

そして自分がその場に遭遇する…その可能性はゼロではありません。

 

そんな時、AEDを使用し胸骨圧迫を行う必要性がでてくるあることもあります。

それは医療現場でも同じです。

医師だけが胸骨圧迫をするのではなく、医師が来るまでの応急処置として誰でも行う可能性があります。

 

今回は昼間部2年生が、たくさんの現場で活躍されてきた救急救命学科の教官に指導していただき、実際に人形を使いAEDの使い方、胸椎圧迫による心臓マッサージの講義を受けました

 

 

一人でも多くの人の命をつなぎとめる架け橋となるようにAEDの使い方や気道確保、胸骨圧迫による心臓マッサージの練習を行います。

いざという時にそなえて、いつでもどんな時でも動ける学生の教育を大阪医専では行っています★

胸骨圧迫とAEDの練習で使用される人形です。できるだけ実物に近いように胸の部分がへこんでいます。実際にこの人形にAEDの電極パッドを貼りつけ、胸椎圧迫の練習をします。

1分間に100~120回のペースで圧迫を行います。

私も実際に体験しましたが、体力を使い非常に疲れます

しかしこのように練習することで、実際にAEDや胸椎圧迫の必要な方がいる場面に遭遇しても、活躍できるといいなと思いました

 

大阪医専ではこのような学科を超えての授業、

『チーム医療』にも力を入れています。

他のブログでも紹介していますので、よかったらご覧くださいね

【救急救命×看護】実践!チーム医療!!★動画あり★

【チーム医療】 「チーム医療症例演習」スタート☆決勝は18日!!