【作業療法】チーム医療

2018年になりました。

遅くなりましたが明けましておめでとうございます

最大寒波がやってきていますが、風邪などひかれませんよう

・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・

大阪医専には「チーム医療」という授業があります。

今年の1年生のチーム医療では、様々な学科から成る20名ほどのグループが各学科をまわり、各学科の先生からの講義を受けて他職種の仕事(役割)を勉強しました

では、作業療法とは何かを感じてもらいましょう
その①

このグループは輪入れを使った治療法を考えました

グループにいた作業療法学科の学生が、実際に輪入れをしながら説明しているシーンです。
作業療法を学んでいる学生から直接伝えてもらうことができるいい機会ですね

その②

作業療法ではレクリエーションも治療の手段として利用します!
遊んでいるように見えることも

作業療法について知ったうえで体験することでわかることが増える

いい機会ですね~

・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・

2年生のチーム医療は、レベルアップします。
色んな学科が混在した47グループに分かれ、架空の患者さんの情報を元に症例検討を行います。
それぞれの学科で習ってきたことを発揮し、わからないことや足りない情報は関係のある先生に尋ねたり調べたりして、最後にポスター発表をおこないます。

実際には2月から始まります。
さて、どんな素晴らしい話し合いになるでしょうか
またここで状況をお伝えしますね

 

チーム医療の授業では、他学科と交流することができる機会でもあります。
実際の現場でも、作業療法士だけで働くのではなく、看護師や理学療法士など多職種の意見を聞き、一緒になって1人の患者さんにアプローチします。

大阪医専では、学生のうちからこのようなチーム医療を体験することができます