【ISEN NEWS】〈スペゼミ〉大阪府済生会中津医療福祉センター総長、大阪府済生会中津病院院長 川嶋成乃亮 先生

経験豊かな最前線の特別講師が、専門領域の最新動向を直接講義。

大阪医専ならではの「スペシャルゼミ」を一部紹介します。

 

今回の講義では大阪府済生会中津医療福祉センター総長、

大阪府済生会中津病院院長の川嶋成乃亮先生を講師にお招きし、

「高齢者の心不全対応について」をテーマにお話ししていただきました 

「心不全」とは 

心臓の役割はポンプのように全身に血液を送り出すことですが、

心臓がポンプの役割を果たせず、全身に血液を送れていない状態を「心不全」といいます。

「心不全」は、心臓の働きが不十分な結果起きた体の状態のことであり、

病名ではなく状態を指す言葉です。

「心不全」の主な症状に、坂道・階段で息切れする/手足が冷たい/

だるい・すぐ疲れる/尿量・回数の減少/むくみ・体重増加/呼吸困難やせきなどが挙げられます。

高齢者はこれらを「加齢からくる衰え」と思ってしまい、治療が遅れ

悪化してしまうというケースが多いのだとか。

 

講義では、「心不全」の定義から実際の患者さんの発症ケースまで

現代が考えるべき「心不全」をわかりやすくお話しくださり、

学生たちは川嶋先生のお話に聞き入っている様子でした。

 

受講した学生の感想(一部)

●ストレス、高血圧なども原因となるため、日頃から日常生活を整えることが

大切だと改めて思いました。

 

●高齢者は複数の疾患を持っていたり認知力が低下しているので、

どこからアプローチをかけていくかはとても難しく、これからの医療看護の

課題であると思いました。

 

●心不全にならないようリスクや高血圧を管理し、塩分の摂りすぎや

喫煙をしないよう指導を行うことが大事だと学びました。