【ISEN NEWS】〈スペシャルゼミ〉社会医療法人 愛仁会 理事長 内藤嘉之先生

経験豊かな最前線の特別講師が、専門領域の最新動向を直接講義。

大阪医専ならではの「スペシャルゼミ」を一部紹介します。

今、医療現場で不可欠とされる「チーム医療」とは、

病気や障がいを持つ患者さんとその家族を中心に、各分野の専門家が連携し

治療・ケアにあたること。

7学部24学科を持つ大阪医専では、日頃から「チーム医療」の時代に対応した

実践教育を展開しています。

 

今回の講義では、

社会医療法人 愛仁会 理事長 内藤嘉之先生を講師に招き、

「チーム医療と人材育成」をテーマにお話いただきました。

受講した学生の感想(一部)

看護師はチームの中で様々な調整役を行わなければならないため、

知識を深めていくことが重要であると考えた。

 

学内でもアクティブラーニングやチーム医療の講義を受け、

多職種の連携=チーム医療と考えていたが、本日の講義を受けて

本当のチーム医療の意味、利点を学ぶことができた。

 

現代医療では患者の本当の願いを叶えることはできないが、チームスタッフが連携して

最善を尽くせば、ケアや治療ができると学んだ。

 

チーム医療の中で自分の役割をきちんと理解することや、その他の職種の役割なども

きちんと理解しないといけないと学ぶことができた。

 

より良いケア、治療の提供において多職種と連携するため、チームメンバーと

良いコミュニケーションを行い、好き嫌いなど関係なく協力することが大切だと学んだ。