【介護福祉学科】アメリカの介護-海外研修-

3/9(水)~3/18(金)の10日間、

海外研修の為、アメリカへ行ってきました

 

介護福祉学科で見学させてもらったのは、ロザンゼルスにあるこちらの施設★

IMG_4645

Southland Care

-サウスランド・ケア-

 

施設内の設備見学や、どのようなケアをしているかを見学させてもらいました。

日本と同じようなもの、そして違うものをたくさん学ぶ事ができました!

まず見学させてもらったのがベッド等、個人の部屋の設備です。

こちらは日本とほとんどが同じですね!

IMG_0153

ポイントはテレビ下の時計だそうです★

IMG_9511

よく見るものの近くに時計を設置することで、時間を意識して過ごす。

外に出歩く事が極端に少なくなるので、時間を必ず意識して過ごしてもらうようにしているそうです。

 

次の写真は家に帰った時の為のリハビリの部屋です。

IMG_0291

この他にも、キッチンや理学療法・作業療法のリハビリを受けることのできる部屋もありました。

 

そしてなんと・・・

IMG_9528

車まで置いています!

車社会のアメリカならではですね^^

 

他には施設中央辺りにバラ園がありました。

IMG_0709

今の時期は、それほど咲いていませんでしたが、入所されている方の憩いの場やお散歩コースになっているそうです^^

IMG_9818

よく見るとバラの刻印が入っていて、とても可愛らしいウッドデッキでした

 

こちらのウッドデッキや車は寄付で設置されたそうです*

寄付の内容も日本と違ってアメリカらしさを感じる事ができました!

 

施設内で見学・説明を受け、最後に質疑応答の時間をいただきました。

IMG_5879

日本とアメリカでは介護】に関して根本から概念の違いがあるように感じました。

生活・文化・習慣などが変わってくると自然と考え方にも変化があるんですね。

IMG_0017

国や文化が違えば【介護】の内容や形は変わってきますが、それはその場所で介護を受ける人にとって【心地よさ】を作り上げる為の、各々の思いやりが各々の形になっているのだと思います。

 

今回海外研修に行った学生はこの3月に卒業し、4月より現場で働き始めます。

今まで勉強してきた事、実習で学んだ事、そして今回の研修で学んだ事を生かして頑張って欲しいと思います

これからもたくさんの事を経験して、色んな視点から考え、たくさんの思いやりを持って介護に携わっていってくださいね*