【救急救命】救急シミュレーション公開演習

先日、救急救命学科の最高学年による『救命シミュレーション公開訓練』が行われました!

その様子は大阪医専のHPにも取り上げられています

本物さながらの救命訓練 『救命シミュレーション公開訓練』を実施

 

大阪医専HPでは紹介しきれなかった写真をこちらのブログではお見せします

 

3日間に渡って行われたこの公開訓練は、学生たちの日々の学びの成果を

保護者や一般の方に見ていただける絶好のイベントです!

この訓練には毎年現役消防官の卒業生も応援に駆けつけてくれます

 

日常で考えられる心肺停止や重傷傷病者への救急活動などの救命場面を想定し、

隊長・隊員・機関員の3名で構成される救急隊として

出動から救命救急処置、傷病者の病院搬送までを適切に行えるかを班ごとに発表します

 

 

 

中には分娩を想定した訓練も

 

さまざまなシーンで適切な処置をしなければならない救急救命士、

幅広い知識を駆使し、臨機応変に行動できるかが大切です!!

 

見学に来ていた入学検討者からは、

「とてもかっこよかった!」

「現場さながらの動きを見学できて、大変だけどその分やりがいのある仕事だと思った」

との声があがりました

 

今回の公開訓練は見ていただくだけでしたが、実際に救急救命士の仕事を体験できる

「救急救命シミュレーション体験会」を今後開催します!

AEDの使い方や災害時の対処法など、

本物の救急車や医療機器を使った体験プログラムを用意しています

救急救命士に興味のある方!ぜひお友達や保護者と一緒に参加してみてくださいね~!

8/22(木)開催予定の「救急救命シミュレーション体験会」予約はこちらから!

【救急救命学科】本物さながらの救急訓練が目の前で!救急シミュレーション公開訓練開催★

【救命シミュレーション公開訓練】は、救急救命学科の学生が、                 模擬の事故や救助依頼に対する処置・搬送を適切に行えるかを                 チームごとに競う演習です!

実際の現場を想定した緊迫感あふれる演習は、                         将来救急救命士を目指す方はもちろん、自分自身や身近な人の緊急時に              どうするべきかを知るためにも必見!!                            ぜひこの機会に見学会に参加ください★
見学会の後、入学相談会に参加する方には昼食を用意します(*^_^*)

日  時  4月27日(土)9:45~12:40 (受付9:30~)
場  所  大阪医専 総合校舎 1F受付に集合
申込方法  下記大学HPより申込み、または入学相談室宛にメール・TELにて           お申込みください。メールにてお申し込みの場合は、お名前をご記入の上、        下記アドレスまで送信ください。                           https://www.iko.ac.jp/osaka/apply                   問い合わせ 大阪医専 入学相談室 荒木/加藤/重富/原                     TEL 06-6452-0110  (10:00~20:00 日・祝を除く)                 E-MAIL nyugaku@osaka.isen.ac.jp

【ISEN NEWS】2019年度入学式✿

4/2(火)ザ・シンフォニーホールにて大阪医専の入学式が行われました

 

フレッシュな新入生たち。期待と不安の入り混じった表情で参加していましたよ~

同ホールで有名なパイプオルガンが演奏する曲にのせて、

新入生代表が「入学の詞」を読みました!

新入生、そして父兄の皆様も笑顔でホールを後にされていました。

 

これからの学生生活、楽しみながらしっかり学んでくださいね!

素敵な大阪医専ライフを先輩、教官、みんなでサポートします

。*☆ご卒業おめでとうございます☆*。

  3/26(火)に卒業式が行われました

 

本校の卒業式は、大阪にあるシンフォニーホールで行われます

ホールにはとても立派なパイプオルガンがあり、

まずは演奏から式が始まります

卒業証明書の授与や学主賞・校長賞の表彰などがあり

 

最後には卒業記念の映像も上映されました!

 

卒業生のみなさん、今までの学生生活本当にお疲れ様でした!

社会に出ても立派な医療人として頑張ってくださいね~!!

【ISEN NEWS】〈スペシャルゼミ〉社会医療法人 愛仁会 理事長 内藤嘉之先生

経験豊かな最前線の特別講師が、専門領域の最新動向を直接講義。

大阪医専ならではの「スペシャルゼミ」を一部紹介します。

今、医療現場で不可欠とされる「チーム医療」とは、

病気や障がいを持つ患者さんとその家族を中心に、各分野の専門家が連携し

治療・ケアにあたること。

7学部24学科を持つ大阪医専では、日頃から「チーム医療」の時代に対応した

実践教育を展開しています。

 

今回の講義では、

社会医療法人 愛仁会 理事長 内藤嘉之先生を講師に招き、

「チーム医療と人材育成」をテーマにお話いただきました。

受講した学生の感想(一部)

看護師はチームの中で様々な調整役を行わなければならないため、

知識を深めていくことが重要であると考えた。

 

学内でもアクティブラーニングやチーム医療の講義を受け、

多職種の連携=チーム医療と考えていたが、本日の講義を受けて

本当のチーム医療の意味、利点を学ぶことができた。

 

現代医療では患者の本当の願いを叶えることはできないが、チームスタッフが連携して

最善を尽くせば、ケアや治療ができると学んだ。

 

チーム医療の中で自分の役割をきちんと理解することや、その他の職種の役割なども

きちんと理解しないといけないと学ぶことができた。

 

より良いケア、治療の提供において多職種と連携するため、チームメンバーと

良いコミュニケーションを行い、好き嫌いなど関係なく協力することが大切だと学んだ。